本研究班について研究組織イベント案内各種支援ツール研究成果報告書リンク集

イベント

<シンポジウムを開催します>厚生労働科学研究(がん対策推進総合研究推進事業) ※満員のため受付終了

がんサバイバーシップシンポジウム2016
がんと就労~地域コミュニティへの展開

がんが慢性病に変化しつつある今日、診断後の就労はきわめて重要な意味を持ちます。

本シンポジウムでは、最新の政策や研究の動向とともに、研究班の2016年度の活動の一部をご報告します。また、がん就労者支援の輪の中から、東京、宮城(石巻)、愛媛(松山)で展開している実践活動をご紹介します。身近なところからできる支援について、ご一緒に考えませんか?

シンポジウムにはどなたでもご参加いただけます。

皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

国立研究開発法人国立がん研究センター がん対策情報センター

がんサバイバーシップ支援部 高橋 都

【日時】平成28年11月5日(土)13時30分 ~ 16時30分

【定員】150名

【参加費】無料

【事前申込制】※事前申込みが必要です。 受付を終了いたしました。

【プログラム】
1.「がんと就労2016-政策の展開と研究の動向」
  高橋 都(国立がん研究センター)
2.「医療者向け「就労支援ガイドブック」の作成」
  平岡 晃(国立がん研究センター)
3.「がん就労支援を中小企業にも拡げる方策の検討」
  錦戸典子(東海大学健康科学部)
4.「声を聴き、どうつなぐか。患者会の役割」
  藤田久子(一般社団法人CSRプロジェクト)
5.「病院と地域を結ぶ「就労カフェ」の試み」
  佐藤京子(石巻赤十字病院)
6.「仲間だからできる~一緒に考える就労支援~」
  宮内美奈子(NPO法人愛媛がんサポートおれんじの会)
7.《総合討論司会》
  森 晃爾(産業医科大学産業生態科学研究所)

【アクセス】

UDXギャラリーネクスト ホールNEXT-1
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1
■ JR でお越しの方
 秋葉原駅 電気街口より 徒歩2分
■ つくばエクスプレスでお越しの方
 秋葉原駅 A3出口より 徒歩3分
■ 東京メトロ日比谷線 でお越しの方
 秋葉原駅 2番出口より 徒歩4分
■ 東京メトロ銀座線 でお越しの方 末広町駅
 1番または3番出口より 徒歩3分
■ 駐車場について
 収容台数 800台 営業時間 24時間営業

【共催】
・ 公益財団法人 日本対がん協会
・「働くがん患者の職場復帰支援に関する研究- 病院における離職予防プログラム開発評価と企業文化づくりの両面から」(H26-がん政策-一般-018) 研究代表者 高橋 都

国立がん研究センター がん対策情報センター がんサバイバーシップ支援部
〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1 FAX 03-3547-6627 e-mail: cis-sr-info@ml.res.ncc.go.jp

お知らせ・イベント案内
メルマガ申し込み

がんと就労 H25

がんと就労 h22

公民館カフェ

がん対策情報センター

サバイバーシップ